熊本県の医療専門学校

実践的な知識や技術の習得

看護師

超高齢化社会である日本では、医療分野の雇用需要はますます増え続けるといえます。
人間は誰でも年をとれば病気をしたり、今まで自分でできた動作が衰えてきたりします。
そんな方たちを支える医療の資格は、理学療法士、作業療法士、看護師があげられます。
熊本駅前看護リハビリテーション学院は、理学療法学科、作業療法学科、看護学科の3つの学科をもつ医療系専門学校です。
JR熊本駅から210mという立地で、徒歩約2分で行けるアクセスの良さがあります。
九州新幹線全線開業により、県外からの通学も可能となりました。
また、熊本駅前看護リハビリテーション学院では、臨床実習やボランティア活動を通じて、高齢者とのコミュニケーション能力やさまざまな実践的な演習ができるようなカリキュラムがあります。
熊本駅前看護リハビリテーション学院の特徴的な指導方法として、徹底した個別指導教育があります。
他学校で個別指導を行っているところは少なく、こちらの学院では、個々の学生の学習能力に応じて、理解できるまで徹底した丁寧な指導が評判です。
また、4年間の実習期間は、理学療法学科で24週、作業療法学科では29週と長期の臨床実習で実践的な知識・技術を身につけることに力を入れています。
徹底した指導で学生をサポートするため、作業療法士の国家試験合格率は100%で、理学療法士、看護師の国家試験合格率も高いものとなっています。
実践力を身につけたい、現場で早く即戦力として働きたい、そんな方に熊本駅前看護リハビリテーション学院はおすすめの医療専門学校です。

就職率が高い学院

ナース

熊本に住んでいる方が看護士を目指すのなら、まずは熊本駅前看護リハビリテーション学院への受験を考えると良いでしょう。
こちらはカリキュラムが将来のことを考えて組立てられているおかげで、現場で役に立つ看護の力を身につけられるからです。
そのため、熊本駅前看護リハビリテーション学院を卒業した後の就職率は、とても高いものとなっています。
こちらの専門学校で技術を身につければ、それを活かすための職場に就職できるで、安心して入学しましょう。
そして、学校名にリハビリテーションと入っている通りに、看護師以外にも、理学療法士と作業療法士になるための学科も用意されています。
どちらの学科に通うとしても、4年制のため、しっかりと時間をかけて実力を磨きたい方にはピッタリです。
両方とも国家資格なので、リハビリテーションのプロになりたい場合も、こちらの専門学校に通うことを考えてみましょう。
なお、熊本駅前看護リハビリテーション学院の詳しい情報は、公式サイトおよび資料請求で入手ができます。
そこには、オープンスクールの日程も記載されているので、医療に興味があるなら申し込みを考えましょう。
一回だけではなく、数回通うこともできるため、熊本駅前看護リハビリテーション学院のことを、しっかりと把握した上で受験を決められます。
ちなみに、オープンスクールに参加すると特典が付くことがあるため、得をしたいのなら、とりあえずでも申し込みをおすすめします。

確実に作業療法士になる

看護師

日本全国に作業療法士になるための学校は存在していますが、もしも熊本に住んでいるのなら、熊本駅前看護リハビリテーション学院に通うことを推奨します。
作業療法士になりたいと考えている方なら、専門の教育課程を終わらせなければいけないことは、ご存じでしょう。
そのために、大学や専門学校に通うのですが、そこを卒業した後には難しい国家試験が待っています。
その一年に一度しか用意されていない試験に強いのが、熊本駅前看護リハビリテーション学院です。
こちらが開設している学科では、すべての合格率が高いのですが、その中でも作業療法学科は特に素晴らしい実績を残しています。
卒業後に就職先が決まっていたとしても、国家試験に合格できないのでは働けないので、確実性が欲しい方は熊本駅前看護リハビリテーション学院へ入学しましょう。
なお、カリキュラムや学費が知りたい場合は、熊本駅前看護リハビリテーション学院が運営するホームページにある入学案内のコンテンツが役に立ちます。
そこには、授業料の他にも奨学金についても記載されているため、金銭の援助を受けたい方はしっかりと読んで、問い合わせしてみてはどうでしょう。
また、家族で話し合いをして受験を決めたいのなら、資料請求をおこない、募集要項や願書をもらうことをおすすめします。
その場合は、複数の学科の資料がもらえるので、まだ通うべきところを選び終わっていないなら、すべてに申し込んでおくと便利です。

需要が凄くある職業

男の人

年々需要が伸びているリンパマッサージの仕事で成功したいのなら、やはり専門学校に行って知識と技術を徹底的に覚えたほうがいいでしょう。そうすることで、将来の就職も有利になりますし、手に職を付けられるので安定した生活を送れるようになります。

もっと読む

幅広い職場で活躍可能

男女

医療関係の仕事に就きたいのであれば、必ずしも大学という選択肢だけではありません。医療専門学校で専門分野の知識を身に付けて国家資格を得る事ができれば、高い就職率を誇る専門学校も数多くあります。費用の面から考えても、大学に比べるとかなり抑えられているのがメリットだといえます。

もっと読む

苦手分野を作らない

レディ

医師事務作業補助技能認定試験は、実務経験6ヶ月以上が必要なため、まずは受験資格があるかどうかの確認が必要です。テキストと問題集を購入して独学するか、講習を受講するかの2つの手段がありますが、初学者やブランクのある人は講習を受講したほうが効率的です。

もっと読む